妊娠中は脱毛できる?できない理由と再開するときの注意点

全身脱毛立川

妊娠中の脱毛ができない理由は?いつから再開できるの?

 

妊娠中の脱毛ができない理由は?いつから再開できるの?に関して詳しく説明している画像

 

1.妊娠中の脱毛ができない3つの理由

 

脱毛エステサロンでは妊娠中の脱毛ができないのを知っていますか?もちろん出産予定日が近いとサロンに通うのが大変だったりといった現実的な理由もありますが、VIOはともかくワキや腕、ヒザ下なども脱毛できなくなってしまうのはなぜでしょう?

 

ここではそんな疑問に答えるため、胎児への影響、肌トラブル、脱毛効果の3つの点から妊娠中の脱毛ができない理由を探っていきます。

 

 

 

1-1.胎児への影響がないとは言い切れない

 

 

胎児への影響はないとはされていても実際のところはわかりません。

 

サロンのフラッシュ脱毛ではレントゲンのような放射線とは違い、体内まで光が届くといったことはありません。しかし、理論上そうであっても、妊娠中にフラッシュ脱毛をし続け、その後出産した子供がどうなったかを実験したデータはありません。

 

そのためサロン側も絶対に安全だと言えず、責任が持てないために妊娠中の脱毛ができないのです。また、妊娠に気づかずにサロンで脱毛してしまっても自己責任となってしまうので注意しましょう。

 

胎児への影響が検証できないため、妊娠中はサロンで脱毛できません!

 

 

 

1-2.肌トラブルの危険性

 

 

妊娠中は生理中と同じでホルモンバランスが崩れています。

 

サロンによっては生理中はホルモンバランスが崩れていて、脱毛による肌トラブルがおこりやすいため脱毛ができないところがあります。妊娠中も同様の理由から肌トラブルがおきやすいので、サロンでは脱毛ができません。

 

それでは実際にどのような肌トラブルがおこりやすいかと言えば、肌荒れ、乾燥、かゆみ、腫れといった生理中と同じような症状です。またホルモンバランスが崩れているとストレスによる精神的な影響で肌トラブルがおこる場合もあります。

 

妊娠中も生理中と同じような肌トラブルがおきやすくなっています!

 

 

 

1-3.妊娠中の脱毛は効果が低い

 

 

出産後にムダ毛が濃くなる場合もあります。

 

『妊娠したらムダ毛が濃くなった』、『出産後、いままで生えていなかったところからもムダ毛が生えてきた』などといった話を聞いたことはありませんか?これはさきほどのようにホルモンバランスが影響していて、妊娠前後や出産後でムダ毛の生え方が変化するからです。

 

このように妊娠前後や出産後でムダ毛の生え方が変わってしまうと、妊娠中にいくら脱毛しても脱毛効果が低くなってしまいます。特に契約期間や回数が残っている場合には、出産後あらためて脱毛した方がムダ毛を効果的に脱毛できます。

 

出産後に脱毛を再開した方が効果的に脱毛できます!

 

 

 

2.脱毛再開のときに注意したい3つのポイント

 

ここまでで妊娠中は脱毛に適していないこと、出産後にあらためて脱毛したほうがいいことが理解してもらえたと思いますが、それではいつからサロンで脱毛を再開できるのでしょうか?また、その場合に注意すべき点はあるのでしょうか?

 

ここではそんな2つの疑問を解決するために、3つのポイントを詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

2-1.出産後すぐに脱毛を再開できない

 

 

生理が来ると脱毛再開の目安です。

 

出産後、すぐにサロンで脱毛できるかと言えばそのようなことはできません。多くのサロンでは生理が来るのを目安としていて、生理再開後に『産婦人科医の許可が出たら』や『生理周期が安定し2回以上きたら』などという場合が一般的です。

 

もちろんそのような場合であっても体調がすぐれなかったり、ホルモン剤などを処方されている場合はまだ脱毛が再開できなかったり、再開には医師の診断書が必要な場合もあります。

 

生理が戻ってもサロンでの脱毛が再開できない場合もあります!

 

 

 

2-2.帝王切開した場合の注意点

 

 

帝王切開した部分やその周辺は脱毛できない場合があります。

 

サロンでおこなっているフラッシュ脱毛ではムダ毛のような黒いものに反応して脱毛効果のある光を照射します。そのため、帝王切開の手術痕のように肌の色が変化しているところに脱毛器が反応し、必要以上に光を照射してしまいます。

 

そのような場合では手術痕の部分が火傷してしまう可能性があり、安全のため手術痕がある部分はもちろん、その周りも脱毛してもらえない場合もあります。

 

帝王切開の手術痕の周りも脱毛できない場合があります!

 

 

 

2-3.授乳期間は脱毛できない部位がある

 

 

母乳に関わる部位の脱毛ができません。

 

出産後、生理が来てもサロンで脱毛できない部位があります。授乳期間では妊娠同様に母乳を飲んでいるあかちゃんへの影響が否定できず、脱毛のストレスによって母乳が出なくなる場合もあることから一部の部位の脱毛ができません。

 

脱毛できない部位は乳輪周り、胸、ワキです。乳輪周りと胸はなんとなく理解できると思いますが、ワキまで脱毛できないのは母乳を作るときに大切な組織であるリンパ節がワキの下にあって、その部位への影響を避けるためです。

 

授乳期間中は乳輪周り、胸、ワキの脱毛ができません!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛立川に関する画像

 立川の全身脱毛おすすめランキング公開中

 

全身脱毛サロンは多くてわからないという人は多いと思います。そこで、今一番おすすめの脱毛サロンをご紹介しています。